テスト勉強

テスト

入学式や新学期に

「学校の授業についてくれば

定期テストや受験は大丈夫です」

と言われる生徒が多いです

そのため

「課題を出しているから、大丈夫」

と考える生徒達は、テストでだいたい平均点前後を

取ってきます。

先生の言う「学校の授業についてくる」というのは、

授業内容を予習・復習・演習・応用問題まで解いて、

わからないところは質問に来て解決し、

定期テストごとに完璧に復習・習得することで、

授業以外の項目は生徒達が管理・実践する前提になります。

(まあ、自分を含めてほとんどの生徒はできないんですが)

テスト前にテスト勉強の進捗状況を確認すると、

多くの生徒が「課題はできてます」と答えるのですが、

先生たちは点数差をつけるために

①基本的な問題

②課題をやっていれば解ける問題

③テスト全範囲をしっかり理解していれば解ける問題

④①~③をもとに、応用・実践・もしくは

全くの初見問題

でテストを構成しますので、

「課題ができている」段階では、

③④の問題で点数を落として

平均点前後に落ち着くシステムになっています。

平均点の上に行くには

総合型入試で入試を目指すので、

高い評定が欲しい、

学校の授業にしっかり(完璧に)ついていって

一般受験で志望校合格を目指す

などの場合には、

①テスト全範囲でわかるところ分からないところをチェック

②わからないところがわかるまで参考書や教科書を復習し、質問に行く

③わかるところがすらすらできるまで演習する

④最後に暗記もれや理解ミスがないか総チェックをする

ところまで目標点を高く持ってください

課題を出すだけだと

多学年を見ていますので、

入学式で

「学校の授業についてくれば、テストや

受験は大丈夫だって言われました」

という新1年生の面談の後に

同じ高校の新3年生が

「この成績じゃ入れる大学はないって言われました」

と泣きながら新規入会面談に来ることもあります。

そんな悔しい思いをさせないために

テスト勉強・受験勉強=課題をやるではないことを

結構うるさく生徒達に伝えています

コメント

Copied title and URL
inserted by FC2 system