子供へのアドバイス

勉強方法

子どもへのアドバイスって
難しいです。

繊細な時期、受験・受検などで
緊張状態ですから
励ますつもりの一言が
子どものやる気を奪ってしまうことも…

私的なこだわり

受験・受検を控えた生徒へのアドバイスは

①やっている努力を否定しない
②不要な油断をさせない
③正確な情報に基づく

を心がけたいと思います。

先輩の体験談も心強いものですが

①個人の体験であること
②能力や状況によって変わること

は忘れないようにしたいですね。

不用意なアドバイスをすると…

急にこのような話をしたのは、
周りからのアドバイスが原因で
やる気を急になくす生徒がいるからです。

よく話を聞いてみると
周りの大人や先輩から

「英検準1級は持っていてもしょうがない」
「英語の力はこれくらいあれば大丈夫」
「私立なら文法は適当で大まかに読めればいい」

と言われたのこと…

励ましや、頑張りすぎる生徒を思いやっての言葉とは思いますが

生徒本人はすごくやる気を持ってくれていただけに、
もう少し深く考えてあげてほしいな、と強く感じました。

子供に関わる大人としては、
このようなことをしないように気をつけていきたいですね。

また、生徒側としても参考にする場合は
優しい・安心させる言葉よりも

少々厳しくてもじっくり自分の状況を
聞いてくれる相手からの言葉を選ぶようにすると
不用意な発言に振り回されなくて済むようになります。

コメント

Copied title and URL
inserted by FC2 system